カテゴリー
口臭

口臭がきついのはアレのせいです

‘‘口臭いな‘‘と思うことがある方、口臭は身だしなみの一部。

そこに気づいている、気遣っているという事実は口臭撲滅への近道です。

僕の体験談にはなるのですが実際にやってみて口臭が抑えられたと思う四つのことを

書いていこうと思います。

1、歯医者に行く

歯医者に行く目的は単に虫歯の治療のみではありません!

歯のメンテナンス(ホワイトニング、歯石除去など)、歯磨き指導、歯茎の健康状態チェックなど

歯に関する様々な情報を手に入れることができます。

歯医者さんって要するに歯に関する知識のプロなのです。

車が故障したときには車屋に、靴が破れたら靴屋さんに行くつまりそういうことです(?)

口臭の原因として口の中の環境が大きくかかわってきます。

虫歯がある人は治療も含め磨き方の指導を、虫歯がない方は点検、アドバイスを求めに

一度行ってみることをお勧めします。

2、舌を磨く

舌表面には舌苔(ぜったい)という白い汚れが付着しています。

口臭の原因として有名なものです。

歯ブラシで磨くのもよし、舌磨きで磨くのもよし!

舌がきれいだと笑った時にちらっと舌が見えたときの印象もよいです。

口臭が抑えられる+大きな口を開けて笑える、一石二鳥ですね。

3、歯磨きを見直す

僕もそうだったのですが、歯磨きがめんどくさくて横着してませんか?

歯磨きをした後に舌で触るとツルツルしてる=磨けているではないのです!

歯の表面は普段から唾液や舌で触る機会が多いので基本的にそれほど汚れてはいません。

大切なのは‘‘歯と歯茎の間‘‘すなわち歯周ポケットに入った汚れを取ること。

歯磨きするときに狙うポイントは歯と歯茎の間!力を抜いて細かく歯ブラシを

動かすとなお良いでしょう。

一本ずつ、歯茎の境目を、力を抜いて、細かくを意識してください。

http://www.suisaniwakawa.jp/

4、デンタルフロスをする

正直これが一番効果があります。察しの良い方ならお気づきかと思いますが、口臭の原因

には口の中の汚れが多くの原因になります。

そして歯磨きをいくら丁寧にしても落としきれないのが歯と歯の隙間です!

これをデンタルフロス(糸)を使い根こそぎ取っていきます。

コツは歯の側面を上下に動かすことです。前後で動かすと当たる面積が少ないので

あまりとれません。

慣れるまではたくさん血を流すことになると思いますが、、、笑

歯と歯の間を掃除したフロスのにおいを嗅いでもらえばすべてわかります!!!

口臭が気になる方は是非お試しください!