カテゴリー
ヘアケア

寝癖がひどく、髪に艶がない方発見!

寝癖が酷いと、朝から身支度に髪にかける時間が多くなります。
まず、髪を真っ直ぐにするところからスタートするので、なかなか先が長いです。
寝癖は髪が太く、しっかりしている方に多く見られ、また髪の毛を染めている場合は余計髪に艶であるキューティクルがなくなるため、ボサボサになってしまいます。

評判以上!プレミオールスターターセットの効果と私の口コミ体験談!

それを改善するポイントはお風呂にあります。
それはリンスにかける時間です。
それでは、リンスのやり方について話していきます。

まず、リンスは頭皮には付けないのがポイントです。なぜなら頭皮が塞がり、リンスが溜まってしまうと、汗などが溜まり、臭いの元になってしまいます。
そして、毛先からリンスをつけていき、すぐに流さないことが重要です。
最低でも1分程度は置いておくことが大切です。

そして、しっかり洗いながし、乾かします。
以上のポイントを踏まえるだけで、髪質が改善されて、髪をサラサラにしておくことが寝癖をつきにくくするのです。
また、トリートメントなどをするとなお良しです。

太い髪や髪質がしっかりしている方ほど、髪の毛のケアを大切にして、髪をサラサラにしておくこと、キューティクルを守ることが朝の身支度の時間を減らし、艶の出る綺麗な髪を作ります。
お風呂の中の一手間で髪質は改善されます!