カテゴリー
スキンケア

おばあさんになるなんて!

私は62歳です。まさか、こんな歳になるなんて、思ってもみませんでした。まさか、おばあさんになるなんて、誰が、思ったでしょうか。ラントゥルースの効果
でも、おばあさんになってしまったのです。

おばあさんになっても、大人のバレエをしています。おばあさんになっても、若い人に混じって、チェロを弾いています。学習塾で、毎日、小学生や中学生に勉強を教えています。気持ちは、まだまだ‥
それでも、おばあさんですもの。肌は、シワだらけ。ほうれい線が、くっきり。中学生の女の子が、言うんです。「先生!涙袋が、大きい!」それは、涙袋じゃないのよ。目の下のは、たるみ!なのよ。

小学生の女の子が、言うんです。「先生、髪、減らしたの?」違うのよ。少しずつ、髪は、減っていくのよ。減らしたのじゃなくて、減っていくの。

私の顔を机の上に落書きしているのを見つけました。鼻の横にくっきりほうれい線。それが、とても、私によく似ていると子供達が、笑うんです。だって、ほうれい線が、特徴をよく捉えているんですもの。ほうれい線が、なかったら、私に似ていないんですもの。

パックだってしているし、温泉の水をそっと持って帰って、毎日、顔にパッティングをしていますよ。ほうれい線が、少しでも目立たなくなるようにと、舌をぐるぐる回していますよ。なるべく、たるみをあげるために、髪をきつくポニーテールしていますよ。

そんな努力、なんにも 役に立っていないみたいです。
おばあさんになってしまったのですもの。

そんなおばあさんですが、努力は、続けます。

カテゴリー
スキンケア

24歳、顔と身体の肌の悩み

私の顔の肌は混合肌です。混合肌は顔の部位によって脂っぽい状態と乾いた状態が

混ざった肌のことを言います。私の場合はおでことほっぺがよくテカリ、鼻と顎が

カサつきます。洗顔をした後は突っ張っていたり化粧水後は部位によって逆にヌルッと

していたりでケア用品には悩ませられます。ベースメイクも非常に悩むところです。

テカリを抑えたい化粧品を購入すれば顎はカサカサと粉をふきますし、保湿成分の

たっぷりの化粧品を購入すれば肌はテカリ友人と写真を撮ればピカーっと

光ってしまい恥ずかしいです…。

乾燥肌やオイリー肌の方ももちろん困っていると思いますが混合肌はどのように

ケアや化粧をすればいいのかより難しい気がします。

辛口評価!巣顔美人の効果と私の口コミ!販売店での市販状況もご紹介!

顔とは違い身体はものすごく乾燥しています。乾燥から痒みが出て無意識のうちにかいてしまい

朝起きると傷になっていたり手の甲は季節関係なしに粉っぽくなっています…。

乾燥しているとシワにつながるので毎日保湿を頑張っていますがカサカサです。

手の甲のシワは見た目年齢をグッとあげてしまうといわれているので身体がツヤツヤの

女性には憧れるものですね。

私の顔と身体…まだ24歳という若さではありますが1日でもスキンケアを怠れば

一気に老化が始まる恐ろしさがあります。

私だけではなく世界中の女性が一番恐れていることはきっと肌の老化なのではないかなと

思うところです。

カテゴリー
スキンケア

年齢を重ねて気付いたシミ対策

きれいでありたいと思う気持ちはいくつになっても変わらないですが、それと同時にある程度は仕方がないのかも、とあきらめの気持ちもでてきてしまいます。

FACEEリキッドセラムプラス

私は周囲から年の割にもち肌で触っていると気持ちいいとよく褒めてもらいますが、それでもお肌の悩みはあります。両頬にガッツリとシミができていて化粧でも隠し切れません。若い時はほとんど化粧、UVケアをしていなかったツケが最近になってきています。

はじめのうちは仕方のないものなので化粧で隠しましょう、とコンシーラーやファンデーションを部分的に使っていましたがかえって厚塗りになってしまいます。化粧の厚塗りはかえってシミを強調してしまうことになり逆効果になってしまいました。やはりお肌の悩みは知識のある方の助言は有効です。

行きつけのお化粧品売り場のスタッフさんに対策方法をお聞きしたことがあります。

女性の中年期以降に出てくるシミは肝斑が疑わしいので一番は皮膚科さんに相談した方がよさそうです。隠せる程度のシミであれば抗酸化作用のあるビタミンCをサプリメントで補い、UVケアとして日焼け止めクリームを使用することです。日焼け止めクリームは陽射しの強くなる春からのイメージがありますが年中使用してくださいと言われました。冬の陽射しにも要注意、という事ですね。

シミ対策は早い段階での紫外線対策は必要ですが、中年期以降のお肌を守るケアは新しくシミを作らない、濃くならない秘訣なのかもしれません。

カテゴリー
スキンケア

お肌のクレーターでしょうか?

私は今、20代の後半ですが、10代の頃から肌のクレーターのようなものに悩んでいます。

モイスポイントの最安値通販は?

最初は毛穴かと思いましたが、美容の知識を得るうちに毛穴ではないと気づきました。

鏡に近づかないとわからない物ですが、1ミリくらいの大きさで、少しへこんだ物がたくさんあるのです。

たぶん、昔ニキビを潰したことが原因かと思っています。

化粧品に凝っていた時期に、ファンデーションを塗ってもなくならないこのボコボコが気になり、エステに行ったこともありましたが、あまり改善した様には見えません。

ちなみに、エステでは毛穴は改善されました。

前まで化粧したあとも少し毛穴が見えていましたが、今ではファンデーションで完全に隠すことができます。

ボコボコは、そこまで目立つような物ではないのですが、綺麗を目指したいと思った時には、とても気になる物でした。

どうしたら、このボコボコはなくなるのでしょうか?

以前、美容外科で脱毛をしたことがありました。

美容外科なら、肌のアンチエイジングの方法もたくさんあると思います。私のようなトラブルに対応した物もあるかもしれないという希望を持って、改善方法を探して行きたいです。

いつか、このちょっとした悩みから解放される日が来ますように。

カテゴリー
スキンケア

生理前のニキビがストレス

私は生理前になると必ずニキビができます。FACEEリキッドセラムプラス

それ以外の時期はできないのですが、生理が始まる10日前くらいから肌が荒れ始めるのです。

とくに、顎や口周りがひどく、赤くて痛みのあるニキビができます。

思春期の頃は、頬っぺたやおでこにできるニキビが多く、薬を塗ればすぐに治っていたのですが、アラサーになってからはいわゆる「大人ニキビ」に変化してきました。

この大人ニキビが本当にやっかいで、薬を塗ってもなかなか治りません。

また赤くて痛みのあるニキビで、芯も大きいのか、治った後も傷になってしまうのです。

歳のせいかその傷もなかなか治りません。

大人ニキビは生理前にできたり、不規則な生活やストレスも原因になると聞き、早寝早起きを心がけたり、運動をするなどしてニキビ対策はしていますが、今のところ劇的な効果はありません。

唯一、生理前になり、ニキビができそうだなと感じると、青汁をスムージーに入れて飲むようにする、という方法が少し効果があったかな?という程度です。

それも毎月のことなので、スムージーを作れない時もありますし、栄養状態に気をつけても小さなニキビはできたりするので、何か根本的な解決策はないかな、と悩んでいます。